ウォーターサーバーってランニングコストはどれくらい?メンテナンス料ってかかるの?

最近は身近になってきたウォーターサーバーですが、購入を検討されてる方も多いです。
では、ウォーターサーバーはどのくらいお金がかかるのかを調べました。

ウォーターサーバーと浄水器、ランニングコストはどちらがいいの?

まず、ウォーターサーバーと浄水器の違いですが、ウォーターサーバーはサーバー(給湯や保冷)を業者からレンタルし、安全なお水を買う仕組みになっています。

沖縄に水を宅配する男性

浄水器は水道水を装置を使って安全なお水に変えるという仕組みです。
ウォーターサーバーについて、最近は初期費用がゼロのところが多いですが、ランニングコスト(使っている間にかかってくる費用)は毎月のお水代、電気代(サーバーを使うため)、そしてメンテナンス料がかかってきます。

メンテナンス料は無料のところもありますが、家庭でメンテナンスを行う場合が多いです。

次に浄水器について、浄水器はさまざまな種類があり、数千円のものから数十万円するものまでありますが、初期投資が大きいだけで後はメンテナンス料としてカートリッジ交換くらいなものです。
なので、ランニングコストとしては毎月の水道代と、品物によりますが半年に一回程度のカートリッジ交換(メンテナンス料)がかかるくらいです。

ランニングコストという面では、やはり浄水器が上のようです。

美味しい水を飲む

しかし、ウォーターサーバーの最大の特徴は、その場で冷たいお水や熱いお湯がすぐ使えるというところです。それに、安い浄水器は絶対に安全なお水が出てくるかというと、何とも言えないところもあります。
その点、ウォーターサーバーはお水自体が安全なので、何も考えずにスッと飲むことができます。

ウォーターサーバーのメンテナンス料はどのくらいかかるの?どうやってするの?

前にも記述した通り、メンテナンス料は無料の場合もあります。

それはウォーターサーバーの各会社ごとに違いますので、事前に調べておきましょう。
しかし、タダより高いものはないという言葉通り、やはりお金を払って、業者さんにきちんとメンテナンスしてもらうと、より安心してお水が飲めそうですよね。

無料の場合はセルフメンテナンスになるかと思います。

最近ではメンテナンスフリーといって、メンテナンス自体いらない場合もあります。
もしウォーターサーバーの購入を検討されるのであれば、必ず、メンテナンス料やメンテナンス方法について確認をしましょう。

ウォーターサーバー沖縄