家庭用脱毛器は妊娠中に使っても大丈夫ですか?

妊娠中の脱毛は避けたほうが無難

妊娠中はホルモンバランスが通常とは違い、体毛が濃くなったり薄くなったりと変化が現れることがあります。毛周期もホルモンに左右されますのでよくあることなのですが、それが気になってしまう妊婦さんも多く、脱毛したくなる気持ちはよくわかります。

でも、妊娠中は肌が敏感になっていて、ちょっとした刺激でもお肌にダメージを与えることがあります。また、家庭用脱毛器を使用する前にはムダ毛を剃る必要があるのですが、このときお肌にキズをつけて炎症を起こしたり、感染症を引き起こしたりする危険も否定できません。

そして、家庭用脱毛器でのお手入れは無理な体勢をとることもあり、お腹に負担をかけてしまう心配もあります。
サロンでも妊娠中はもちろんのこと、生理中でも施術を行わないというところもあります。お腹の赤ちゃんのためにも、ご自身の健康のためにも、もうしばらくガマンしてくださいね。

産んですぐも要注意

出産後は、体が妊娠前の状態に戻ろうと急激に変化していきます。ホルモンバランスも一番不安定なころで、皮膚のトラブルが多い時期でもありますので、産後すぐの家庭用脱毛器の使用はやめておいてください。

出産後は、紫外線のダメージもシミとなって残りやすいお肌が敏感な時期なので、家庭用脱毛器による刺激がどうお肌に影響をおよぼすかがわからない状態です。想定外のことが起こる可能性もあるので、避けたほうがいいでしょう。

授乳期間が終わるころには、ホルモンバランスも通常通りに戻りますので、脱毛を始めるのはそれからにしましょうね。

育児中の家庭用脱毛器のメリット

小さな子どもがいると、なかなかサロンには通えませんよね。そんなときこそ、家庭用脱毛器が大活躍です。サロンを予約したり、誰かに子どもを預けたりする必要もなく、少しの空き時間にササッとお手入れができますし、赤ちゃんが泣いたらすぐにお手入れをやめることもできます(でもお手入れ後のアイシングは忘れないでくださいね)。

もしかしたら、家庭用脱毛器を一番上手に使いこなせるのは、小さい子どもを持つお母さんたちなのかも知れませんね。

おすすめ医療脱毛

ウォーターサーバー沖縄